紅月さんの創作場

バドミントン小説「FlyUp!」完結済。次回作開始時期は未定。
超長編を毎日ちまちまと書いていく創作日記です。

スポンサーサイト

2014.08.27 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    その1830

    2012.06.22 Friday 22:51
    0
      「俺はさ。吉田と、早坂が目標だったんだ」

       歩いている中で由奈へ、全国大会が終わった後に感じたことを話す。憧れだった早坂や、自分を導いてくれるパートナーの吉田に追いつきたかった。その目的は全国大会を終えたことで達成し、自分には新たな目標が必要になった。

      「三年になってからの最後のインターミドル。俺は優勝を目指して頑張るつもりだ。心の底から、全国で一番上に立つことを目指して。きっと辛いけど、浅葉中の仲間達が応援してくれれば出来ると信じてる」
      「うん。私だけじゃなくて、皆、応援してるから」

       由奈の握る手が少しだけ強まる。自分の中の思いの強さを武へ伝えようとするかの如く。痛いと思う程度には強く武は苦笑いするしかない。
       街に入り、駅の傍まで来ると右折してスポーツ用品店を目指す。幼いころから使ってきた場所は勝手知ったるもので、顔見知りの店員にラケットを見せて、選んだガットを張ってもらうように頼む。スムーズにやり取りは進んで、武と由奈は洋品店の傍で立ちつくした。

      「……ひとまず、戻るか」
      「うん。貼り上がるのは明後日になるって言ってるしね。ここにいても意味ないかな」

       再び歩き出すと今度は特に離すことはなかった。それでも、武は狼狽することなく、むしろ雑音は排除したいと考えていたために今の状況は落ち着くことが出来た。駅前のアーケード街を抜けて、市民会館があるような街の中心部を抜け、辿り着くのは緩やかな坂道。途中で農業高校があり、抜けた先には成城西高校へと降りていく坂。そして、もう少し先には浅葉中の校舎がある。残り時間を考えて、武はペースを落とすと握る力を強くした。
       自分が抱いている思いを由奈へと伝えたいと思って。

      「由奈。ありがとう」
      「何が?」
      「由奈が支えてくれているおかげで、俺はくじけずにすんでるのかもしれない」
      「私だけじゃないと思うよ。皆が、武の仲間だと。浅葉中の皆も、きっと他の学校の人も」

       一週間前に地元の駅に降り立った時に他校のライバル達と拳を重ねた。今度会う時は敵同士。全力を尽くして戦おうと。信頼し合う仲間であり、力の限り闘って倒すべき好敵手。そこまで考えて体が震えた。興奮が衝動となって込み上げてくる。

      「俺は、もっと強くなる。地区大会でも、全地区大会でも、全道でも。全国でも負けないように」
      「私はそんな武をずっと、応援して行くよ」

       由奈の力強い言葉に頷いて、武は力強く歩道を踏みしめながら歩いていく。視線の先にはまだ木や建物に邪魔されて見えないが、浅葉中がある。
       小学校六年間で遂に一勝もできなかった。そんな自分が勇気を持って踏み出した一歩が、ここまで続いている。
       力を込めてしゃがみこみ、空へと思い切り飛ぶことができたように、この年月は無駄にはならなかった。
       過去の自分に向けて武は語る。

      (あの時……あの、吉田と金田先輩のシングルスを見て、バドミントンを止めないでいて、よかった)

       脳裏にイメージが蘇る。
       足が、腕が、身体が重かった。
       動き続けること、立っていることさえも困難になる。
       熱さに流れる汗が細めた目の横を過ぎてかすかに瞳に入っても、相沢武はシャトルを追うことを止めなかった。試合を捨てるなどとは考えない。考えられない。体力が底を尽きかけているために、身体を動かす事にしか使えない。思考力はゼロに近かった。
       歪む視界の中、水の中のような空気をかきわけて武は必至に前へと進み出た。ラケットをコートに落ちようとしているシャトルへと思い切り伸ばす。
       ラケット面は正確にシャトルをとらえて、相手コートへとロブを打ち返していた。

      (もっともっと、強くなる)

       決意を胸に、武は歩き出す。隣にいる由奈の温もりを感じながら。

       新しい季節は、すぐそこまで迫っていた。

       Fly Up! 完
      FlyUp! | - | - | - | - |

      スポンサーサイト

      2014.08.27 Wednesday 22:51
      0
        - | - | - | - | - |